月別アーカイブ: 2015年5月

薄毛にならないように努力しています

三十歳を超えてから、髪の毛の事で悩んでいます。
少しずつですが髪の毛が少なくなってきたように思います。
抜け毛も増えて髪の毛も細くなってきたのです。
このまま薄毛にならないように、毎日育毛シャンプーを使うようにしているのです。
育毛シャンプーには髪の毛を育ててくれる力があります。
そして地肌にも潤いを与えてくれるのです。
今まではべたつきのある地肌をしていましたが、育毛シャンプーを使うようになってサラッとした地肌になれたのです。
育毛シャンプーは泡立ちも良いです。
そして泡切れも良いので、毎日気持ち良く使えるのです。
今までと違った髪質になれるので、まるで生まれ変わったみたいです。
毎朝の枕についている抜け毛も、みるみる減ってきたのです。
ブラシにつく髪の毛の数も減ってきました。
明らかに効果を実感きているので、毎日使うたびに喜びが増えるのです。
毎日使う事で、私の髪の毛の悩みをみるみる減っていくでしょう。

自分の歯を食べちゃった!

それはまだ私が20代の頃。
全く痛みが無かったので、気づきようがありませんでした。
一番奥に生えた親知らずがものすごい虫歯になっているとも知らず、私は大好きなチョコレートをほおばりながら歩いていました。
チョコレートをいくつか食べた後、もう一粒ほおばった時に、何か固い物を噛みしめました。
最初は何だか分からず、(あれ、このチョコレートってキャンディーとかナッツとか入ってたっけ?)と思い箱を見ましたが、そんなわけありません。
何も入っていないミルクチョコレートを買ったのですから。
それでもその固い物を噛みしめ、まだ(ナッツかな~?)と思いながらごくりと飲み込んでしまいました。
(ナッツのはずがない…)とようやく気が付き、慌てて口の中に残る固い物を、手に出してみました。
「ん?なんだこれ!」と思わず独り言を言い、街灯の明かりの下でよく見てみると、溶けたチョコレートに混じって白い小さなかけらが…。
プラスチックかな?と最初は思いました。
が、空いている手で口の中を探ると、一番奥の歯にぽっかりと大きな穴が開いているではないですか。
(やばっ、自分の歯食べちゃった!)とやっと状況を理解すると、もう夜遅かったので、次の日の朝に歯医者さんへ行くことになりました。
ほんとにビビりました。
まさか自分の歯を食べるとは思いませんでしたから。
今は穴の開いた親知らずは全面銀のコーティングがされています。