月別アーカイブ: 2014年9月

お金が無くても明るく生きる

お金がなくて生活が苦しくなってくると、誰でも多かれ少なかれ、性格も荒んできます。
しかし、たとえ貧乏でも、それなりに明るく楽しく生きることも不可能とは言えません。
実際、世の中には貧乏でも幸せに暮らしている人は大勢います。
しかしその一方で、お金が無くて貧しい故の犯罪も、世界中で数多く見られます。
日本には、「衣食足りて礼節を知る」という諺がありますが、それは的を射た実に意味深い教えです。
確かに人間というものは、着るものや食べるものに不自由すると、だんだん野蛮人のようになってしまい、礼節など何処かに吹っ飛んでしまいます。
着るものを着て食べるものを食べてこそ、はじめて礼節などにも目を向けることができるのです。
結局のところ、お金が無いというのも程度によります。
多少お金が足りない程度なら、誰でも我慢はできます。
しかし、餓え死に寸前までお金が無くなれば、誰も耐えられないとも言えます。
そのような極限状態においては、「お金が無くても明るく生きる」などというのは夢物語に過ぎません。
ただ、もしも世界中の皆が協力して本気で貧困問題に立ち向かうなら、極限状態の貧困は撲滅できるかもしれません。
そうなれば、お金が無くても明るく生きられるでしょう。
是非、そんな世の中が実現して欲しいものです。
借金返済の相談はコチラ