UVケアの基礎知識

紫外線が強くなり始める5月頃から始めておきたいのがUVケア。UVケアといえば思い当たるのが日焼け止めですが、効果やシーンによって使い分けるのが一般的ですよね。ファンデーション効果を兼ねたものやクリームタイプ、乳液タイプ、ホワイトニング効果のあるもの、ウォータープルーフなど、色々なタイプのものがあるので、自分の肌やシーンにあったものを選んで使うと良いです。日焼け止めにはSPFとPAが記載されていますが、それぞれUVの防止効果を表しています。SPFは数値が高いほど、PAはプラスの数が多いほど防止効果が高いといえます。1度塗ったからと安心せずに、2~3時間を目安に塗り直すのが良いそうです。日焼け止めとあわせて行いたいUVケアとしては、帽子をかぶったり長袖のシャツを着る、日傘を使う、サングラスをかけるなど肌の露出する部分を少なくするのも効果的です。日なたにいるよりかは日陰を選ぶなど、出来るだけ紫外線を浴びないように心がけるのも大切です。また、日差しを沢山浴びてしまったと感じた時には、いつもよりも化粧水をたっぷり使ってお肌に水分を与えてあげることも大切です。
発泡剤も研磨剤もなしの歯磨き粉が今人気!