最近の悩み

結婚して3年が経過し、子供も3歳の娘と0歳の息子に恵まれて順風満帆な生活だと思っていました。
しかし、ひょんな事から悩みができてしまいました。
それは生活費です。
自分の手取りが26万円程度なのですが、月にかかる生活費が28万かかると妻から言われてしまったのです。
妻がつけている家計簿を見ても、自分の頭脳では特別贅沢をしているようにも思えず八方塞状態なのです。
28万円の支出は高いと思いましたが、その内訳を見ると納得してしまいます。
自分の給料は決して低いと思っていなかったので正直動揺が隠せません。
今は妻と相談して支出を抑える方法を模索していますが、出口の無いトンネルにいるような気分です。
これから子供も大きくなるにつれて支出が増えることを考えると少し怖くなります。
妻には支出を抑える努力を一層頑張ってもらい、自分は副業としてバイト等で副収入を得ていくしか方法は無いのかな?というのが正直なところです。
昨今の晩婚の問題はこういう金銭問題も絡んでいるというのを身をもって体感しました。
子供たちには不自由させたくないので死ぬ気で頑張ります。

ワーキングママの複雑な心境

お盆休みや年末年始、ゴールデンウイークなどになると我が子が通う保育園では希望保育という扱いになり、前もって出欠を確認されます。
私も旦那も割と大きな病院に勤めているのでお休みは基本的にカレンダーどおり。
お盆だからといって無条件にお休みにはなりません。
年末年始やゴールデンウイーク同じようにカレンダー通りの勤務の親御さんが多いのか何も言われないのですが、お盆休みになると「お家で見れませんか?」と言われてしまいます・・・。
いや、私も旦那もそうしてあげたいよ、と思うのですが、なかなか特殊な勤務体系なんでしょうか、困ったものです。
実際同じクラスの子たちもほとんどがお休みらしく、行ったら行ったで子供が寂しくならないかとか、いろいろと考えてしまいます。
仕事も波に乗ってきて楽しめているけれど、やっぱり子供が犠牲になってるのかなぁなんて思ってしまったりします。
でも、そんな風に思っていたら子供もワーキングマザーの応援はしてくれないよ!と自分に言い聞かせてひたすら自分のやるべきことと向き合う毎日。
一緒にいられる時間は最大限の愛情を与えられるように、素敵なママになりたいなと思います。
・・・とりあえず、お盆の件はおじいちゃんおばあちゃんが一緒にいてくれないか相談してみようかな。